Bookbird日本版のスタッフブログです。

‘『ブックバード日本版』 インフォメーション’ カテゴリーのアーカイブ

◆ご案内◆国際アンデルセン賞受賞画家ホジェル・メロさんの絵本発売開始

2015年8月29日 土曜日

2014年国際アンデルセン賞の画家賞を上橋菜穂子さんと同時に受賞したブラジルの画家ホジェル・メロさんの絵本の発売を8月31日から開始します。お話は中国の有名作家 曹文献さん、訳は日本の児童文学作家の濱野京子さんです。

<おはなし>一枚の「はね」が、自分は何の羽なのかを知りたいと願いました。こうして「はね」は、自分を探す旅をはじめますが、期待、怒り、悲しみと向き合わなければなりませんでした。絶望の中で「はね」が見たものは、陽だまりに包まれた風景にいる、自分が思い描いていた姿とは違う鳥の姿でした。

 

この絵本は、大人の世界の入口で戸惑い悩んでいる大きな子どもたちへの「心の物語」です。

小さな子どもたちには、悲しみの先の希望を大人の読み聞かせで見つめてもらいたい「心の物語」です。

 

お求めはマイティブックのホームページ http://mightybook.net/hon_form_MB.htm

またはTRC,書店(一部お取扱いできない書店もございます)にお問い合わせください。

ホジェル・メロ展を開催中のちひろ美術館・東京でも販売を行っています。http://www.chihiro.jp/tokyo/

 

 

 

 

 

 

 

 

◆ご案内◆IBBYオナーリストの児童文学作家 濱野京子さん&まはら三桃さんとの雑談会

2015年5月21日 木曜日
2014年国際アンデルセン賞画家賞を受賞したブラジルの画家ホジェル・メロさんがイラストを手掛けた絵本『はね』をマイティブックから2015年7月に発行します。
それに先駆け、国際アンデルセン賞でつながった児童文学作家との雑談とともに、『はね』のお披露目のイベントを行いますのでぜひご参加ください。
<2015年度 マイティブック 読むの木講座>

2014年メキシコIBBY世界大会でつながった
まはら三桃VSまついきみこ&濱野京子さん
「子どもの本」にこだわる話

2014年9月メキシコで開催されたIBBY(国際児童図書評議会)の世界大会。そこで「まはら三桃」と「まついきみこ」が37年ぶりの再会をしました。実は、これが奇跡の出会いと知らず、出発前に日本で両者に「いってらっしゃい~!」と言ってくれたのが「濱野京子」さんでした。「子どもの本」で、こんなドラマチックな出会いがあったことも、きっと理由があるのではないか?そんな気がして、帰国後3人は出会いの糸を手繰り寄せながら、上橋菜穂子さんが国際アンデルセン賞作家賞を受賞したメキシコのIBBYの世界大会の様子や、私たちにとっての「子どもの本」など、不思議なご縁でつながった話を多くの皆さんとできればと思いました。子どもの本で、また新たな奇跡が起こるかもしれないカジュアルな座談会。ぜひ、お気軽にご参加ください。
日時:2015年6月2日(火)18:30~20:30
場所:花みち図書館 東京都文京区白山1-14-2
(都営三田線 白山駅 A1出口から徒歩6分)http://ehon.bunkyo-ku.org/

参加費:無料 (先着20名まで)
申込み:Facebookのマイティブックイベントページ
https://www.facebook.com/events/821528814597036/
から参加のエントリーをお願いいたします。
お問い合わせ:Facebookのマイティブックページの
https://www.facebook.com/285200374826538
メッセージからご質問をお送りください。
主催:株式会社マイティブック www.mightybook.net

【当日のお楽しみ企画】
濱野京子さんの訳 ホジェル・メロさんイラストの 絵本『はね』7月発売予定!
2014年国際アンデルセン賞画家賞受賞のホジェル・メロさんと中国のオナーリスト曹文軒さんの素敵な絵本の邦訳版発売に先駆け、この会場で内容のご紹介をいたします。この本が、マイティブックで発売することになった、結構笑える経緯などここでしか話せない内容が盛りだくさんです。

【ゲスト・プロフィール】

まはら三桃(MAHARA MITO)
児童文学作家。福岡県北九州市生まれ。2005年「オールドモーブな夜だから」で講談社児童文学新人賞佳作。翌年『カラフルな闇』と改題しデビュー。工業高校の女生徒が「高校生ものづくりコンテスト」に臨む『鉄のしぶきがはねる』で2011年度坪田譲治文学賞、2014年IBBYオナーリストに選出。また『おとうさんの手』が2011年読書感想画中央コンクルール課題図書に選定された。『伝説のエンドーくん』(小学館/2014年)は、まついきみこもいた中学校の遠藤先生の名前をタイトルにいただいたとのこと。

濱野 京子(HAMANO KYOKO)
児童文学作家。熊本県に生まれ、東京で育つ。2006年『天下無敵のお嬢さま!(1)けやき御殿のメリーさん』でデビュー。2009年『フュージョン』が2010年IBBYオナーリストに選出。2009年度『トーキョー・クロスロード』で坪田譲治文学賞受賞。2015年6月に、2014年国際アンデルセン賞画家賞を受賞したブラジルの画家ホジェル・メロさんがイラストを手掛けた、中国の作家曹文軒さんの絵本『はね』(2015年7月発売予定/マイティブック)の初邦訳を手掛けている。
【ホスト・マイティブック代表】
まつい きみこ(MATSUI KIMIKO)
子どもの本のジャーナリスト、絵本の出版社マイティブック代表。新潟県に生まれ、北九州市で育つ。中学2年から高校卒業までシンガポールで育つが、西南学院大学の帰国子女1号として帰国する。卒業後、東京の出版社に勤務したが、「子どもの本が世界を変える」と野望を抱き、早期定年退社制度を利用し2004年に起業。IBBYの機関誌「ブックバード日本版」(現在休刊中)や絵本の発行を行っている。IBBYの世界大会には、2008年デンマーク大会から4回連続参加。1年ちょっと在籍していた北九州の中学校で、まはら三桃と出会い交流。
【メキシコでの奇跡の出会いあらすじ】
2014年9月10日から13日まで、第34回国際児童図書評議会(IBBY)世界大会がメキシコで開催され、2014年IBBYオナーリストに日本から選ばれた児童文学作家の「まはら三桃」が、表彰式に参加しました。
絵本の出版社マイティブックの代表でIBBY機関誌『ブックバード』の日本語版を発行していた「まついきみこ」も、同じ大会に参加していました。
「濱野京子」さんは、2010年のIBBYオナーリストに選ばれ2010年IBBYスペイン大会に参加、そしては坪田譲治文学賞を2009年に受賞、そして同賞を2011年に受賞した「まはら三桃」と深い交流がありました。
実は、「まついきみこ」は、2014年国際アンデルセン賞画家賞を受賞したホジェル・メロ氏が中国の作家曹文軒氏と作った絵本『はね』の日本語版出版の準備を進めており、その翻訳を「濱野京子」さんに依頼していました。「濱野京子」さんは「まはら三桃」と「まついきみこ」それぞれに「現地でよろしく」と声掛けをしてくれました。もちろんこの時、二人の関係を知る由もありません。本人たちも、メキシコで上橋菜穂子さんの国際アンデルセン賞作家賞の受賞をお祝いした夕食会で会話をするまで、37年前の中学校で一緒に遊んでいた同級生だったことに全然気が付かなかったのですから!

◆ご案内◆国際アンデルセン賞画家賞ホジェル・メロさん来日!

2014年5月3日 土曜日

2014年国際アンデルセン賞画家賞を受賞したブラジル人イラストレーターのホジェル・メロさんが来日、2014年5月3日から5日に開催される「上野の森親子フェスタ」会場で、5日(月)15:00から会場内イベントテント内でご自身の作品の読み聞かせやワークショップを予定しています。

ブラジルの陽気なイラストで大人気の国際的なイラストレーター ホジェル・メロさんと楽しむ子どもの日は、きっと親子のよい思い出になるはず。ぜひ、ゴールデンウィークは上野にお出かけください

http://megabrasil.jp/20140330_7019/(ホジェルさんの情報はこちらに詳しく掲載されています)

http://www.jpic.or.jp/event/ueno/(2014年「上野の森親子フェスタ」の詳細はこちらにあります)

 

 

◆お知らせ◆2014年国際アンデルセン賞画家賞ホジェル・メロさんについて

2014年4月16日 水曜日

2014年国際アンデルセン賞画家賞ホジェル・メロ(ロジャー・メロ)さんの表記について国際アンデルセン賞を取り扱うIBBYの日本支部から正式なご案内がございましたのでお伝えいたします。

<2014年4月3日 JBBYニュースより抜粋>

●2014年国際アンデルセン賞・画家賞は、ブラジルのホジェル・メロに。

画家賞は、ブラジルのRoger Melloさんが受賞しました。日本では「ロジャー・メロ」として認知されていますが、この度の受賞を機に、ブラジル大使館とも相談のうえ、ポルトガル語の発音に忠実な「ホジュル・メロ」と表記することにいたしました。安曇野ちひろ美術館では「ブラジルからやってきた!色彩の画家 ホジュル・メロ展」を開催します。(5/16~7/22)

 

JBBYニュース及びJBBY入会のご案内はこちらのHP http://www.jbby.org/

またはメールにてJBBYにご連絡ください。info@jbby.org

 

 

 

 

◆お知らせ◆2014年国際アンデルセン賞画家賞ホジェル・メロさんか?ロジャー・メロさんか?

2014年4月1日 火曜日

2014年国際アンデルセン賞画家賞を受賞したロジャー・メロさん。お名前がホジェル・メロさんと表記される日本での発表記事を多く見かけるようになりました。

『ブックバード日本版』では、これまでロジャー・メロさんと表記していたので、アレ?別人と思われる方もいらっしゃると思います。

(『ブックバード日本版』にも問い合わせが入りました!)

この「ロジャー」は「Roger」で、ブラジルで主に話されているポルトガル語の発音では「ホジェル」なのです。

ロジャー・メロさんはブラジルからのノミネートですから、ブラジルの言葉でちゃんと発音しましょうと敬意を払って表記されているのです。

『ブックバード日本版』は敬意を払わないの??と言われそうですが、実は、この外国の皆さんの名前の呼び名は、同じ表記でも使う言語によって呼び方が違い、特に活躍の場を世界に広げている方を「これです!」と言い切るのはとても難しいのです。

『ブックバード日本版』では、日本でまだあまり知られていない外国人の方のお名前は、通常ご本人と確認できる呼び方で表記していました。ロジャーさんの場合、海外でのお仕事も多く「ロジャー」とご本人も言われており、関係者もそう呼ぶことが、これまで多かったのです。

今回の受賞で、ロジャー・メロさんは国際的なだけでなく、ブラジルの代表として歴史に名前が残ります。ですから、本来の発音に忠実なホジェル・メロさんという呼び方にしたほうがよい、ということになるかもしれません。

それは、JBBY(日本国際児童図書評議会)が、これから9月にメキシコで行われる授賞式にかけて決定すると思います。決まった際には、またこの掲示版でご連絡いたします。

こういう、嬉しい訂正は大歓迎です。『ブックバード日本版』は休刊ではありますが、皆様のご意見をお待ちしています。

 

 

 

 

◆ご案内◆2014年国際アンデルセン賞画家賞ロジャー・メロさんの記事

2014年3月25日 火曜日

ブラジルのロジャー・メロさんは、2010年、2012年の過去2回、国際アンデルセン賞画家賞の最終候補者にノミネートされています。

世界的に注目されていた彼の活動は、これまでの彼の評論などが、『ブックバード』に掲載されています。

ロジャー・メロさんの本はこれまで日本で紹介されることがなく、作家の情報が少ないのですが『ブックバード日本版』のバックナンバーに在庫がございますので、ぜひお読みいただければと思います。

購入はこちらの富士山マガジンサービスサイトからどうぞ!http://www.fujisan.co.jp/product/1281684003/b/list/

 

表紙画像表紙画像表紙画像表紙画像

『ブックバード日本版』No.2(2010年6月15日発売) /2010年国際アンデルセン賞号特集

『ブックバード日本版』No.4(2010年12月15日発売)/ポルトガルの児童文学

『ブックバード日本版』No.10(2012年9月15日発売)/2012年国際アンデルセン賞号特集

『ブックバード日本版』No.12(2013年3月15日発売)/新しい価値を創造する世界の児童文学

 

 

 

 

◆お知らせ◆2014年国際アンデルセン賞作家賞に上橋菜穂子さん

2014年3月25日 火曜日

2014年国際アンデルセン賞作家賞を日本の上橋菜穂子さんが受賞されました!

『獣の奏者』の作者で知られる上橋菜穂子さんが、2014年国際アンデルセン賞・作家賞を受賞しました。

画家賞はブラジルのロジャー・メロさんです。

2014年3月24日にイタリア・ボローニャ絵本原画展で行われるIBBY会議で発表されました。

おめでとうございます!

受賞式は、9月10日に、メキシコシティで開催される第34回IBBY国際大会(2014年9月10日から13日)で行われます。
http://www.ibby.org/index.php?id=1368

 

 

◆ご案内◆IBBYオナーリスト絵本『ニン どんなときも』好評発売中

2013年12月19日 木曜日

IBBY(国際児童図書評議会)が発行している、子どもに勧める世界の本でタイから届いた絵本『ニン どんなときも』がマイティブックから10月に発売開始。

タイの絵本の持つ摩訶不思議なお話が、子どもたちの間で国境を越えて人気です。 お求めは、アマゾンマイティブックのサイトからどうぞ。

◆お知らせ◆『ブックバード日本版』はNo12が最終号です

2013年8月9日 金曜日

これまで『ブックバード日本版』をご愛読いただきましてありがとうございます。『ブックバード日本版』はNo12 3月15日発行号が最終号となっております。

単品のバックナンバーは在庫限り販売しておりますので、富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp/bookbirdのサイトからお申込みください。

また、教材使用やシンポジウム配布などで、多部数のバックナンバーご入用の際は、マイティブック宛て直接ご連絡いただければと存じます。購入条件などございましたらお気軽にご相談ください。

よろしくお願い申し上げます。

 

 

◆お知らせ◆マイティブックオフィスは4月2日(火)まで不在です。

2013年3月30日 土曜日

この時期にしては真冬のようなボローニャでした

この時期にしては真冬のようなボローニャでした

休刊のご案内と最新刊発行のご案内に、皆様から暖かいお言葉等をいただき感謝申し上げます。

そして、誠に恐縮ですが、マイティブックのオフィス管理人松井紀美子は、だたいまボローニャの国際絵本原画展参加のため、4月2日まで不在にしております。

メールやFAX,お電話でのお問い合わせにつきましては、4月3日以降にご連絡差し上げますので、よろしくお願い申し上げます。

ご不便をおかけいたしまして誠に申し訳ございません。

ちなみに、今年のボローニャは50周年を迎え、来場者も多く入場券売り場は大変な混雑でした。

世界の絵本が一同に集まる絵本展が50年も続くということに、何か意味があるように感じます。

今回は、開催前日に行われた「子どもの本のデジタル化」に対するカンファレンスにも参加し、世界の子どもの本の大手出版社がどのようにデジタル化を進めていくのかを聴いてきました。その様子も含めて、後日レポートをお届けしたいと思います。