世界をつなぐ、子どもの本を広げよう。

『ブックバード日本版』ハミングバード管理人
子どもの本のジャーナリスト
松井紀美子

高校卒業までシンガポールに滞在。西南学院大学に帰国子女1号として入学。卒業後、出版社に約15年勤務したのち、2004年に株式会社マイティブックを設立。世界の図書館を巡りながら現在32カ国訪問。『ふしぎなきょうりゅうはくぶつかん』(ポプラ社)など、シーナ・タノとして絵本も書く。子どもの名前が書きこめる絵本『なまえのおはなし―What is your name?』は中国やカンボジアでも出版され人気。


◆お知らせ◆『ブックバード日本版』No.12の発売日は3月21日です。

2013年3月16日

ブックバード読者のみなさまにはいつも発売日のご連絡ばかりで恐縮です。

さて、No.12(この号をもちまして休刊)ですが、発売が3月21日となっております。

この号は、2012年の国際アンデルセン賞作家の受賞者および最終候補者8名の作品に関する書評が掲載されています。

そして、その他ににアメリカの高校生にマンガを読ませた調査など、総ページ100!とこれまでより、約20%の増ボリュームで、お届けしています。

完全翻訳の場合、毎号編集ページの量が変わるという点は、金庫番としては恐ろしい雑誌でしたが、最終号が充実したものになり大変満足しております。

表紙は大ファンのピーター・シスです。

それでは、みなさまあとしばらくお待ちくださいませ。 発行人 松井紀美子

 

 

 


◆ご案内◆Bookbird日本版スポンサー募集中

2012年7月9日

「ブックバード日本版」No10は2012年国際アンデルセン賞にノミネートされた世界の作家プロフィール大特集です。こちらの号の広告スポンサー、また2012年IBBYロンドン大会に向けたブックバード日本版特別編集記事(英語)『HONTSUBA』の発行をご支援いただけるスポンサーを大募集しております。広告料金やサポート内容についての詳細はbookbird@mightybook.net、またはお電話ください。資料等をお送りいたします。

http://www.ibbycongress2012.org/

これからの、子どもの未来は世界とどう関わるか、関われるか。子どもの本には、そのヒントが詰まっています。世界に広がる国際児童図書評議会のネットワークはその答えを導く役割を果たしています。日本語版は初の多言語版として2010年から創刊しました。未来がグローバルにつながるために、日本から世界に発信できることを、子どもの未来を考えるみなさんとつないでいきたいと思っています。ご協力をお願い申し上げます。

 


◆ご案内◆2012年東京国際ブックフェアでブース「No6‐44」をチェック!

2012年6月27日

第19回 東京国際ブックフェア が2012年 7月5日(木)~7月8日(日)の4日間、東京ビッグサイトで開催されます。日本国内の出版社や編集プロダクションが一同に集まり、日本の出版の今を知ることができるブックフェアです。http://www.bookfair.jp/Home/

この会場で、『ブックバード日本版』で外部編集をお願いしている野口武さんの編集プロダクションJET(ジェット)のブースが出展されます。

当日『ブックバード日本版』も会場で展示されますので、この機会にぜひお立ち寄りください。

野口さんが不在でも、高橋さんにお気軽にお声掛けくださいね\(^0^)/

PDFはこちらからどうそ 2012年東京国際ブックフェア案内状(JET)


◆お知らせ◆No.9の発売日変更

2012年6月12日

『ブックバード日本版』No.9の発売日の変更をお知らせいたします。

予定では紙版・電子版とも6月15日でしたが、印刷の関係で紙版のみ6月18日(月)の配本と変更させていただきました。富士山マガジンサービスからの定期購読および予約によるお申込み分は6月20日の配送を予定しております。電子版は6月15日から、富士山マガジンサービスweb de bookから購読できます。

読者の皆様には、ご迷惑をおかけして申し訳ございません。今後このょうな、配送の遅れのないように注意する所存ですので、今後ともよろしくお願い申し上げます。


◆ご案内◆世界26言語「ともだちになろうよ」パネルの貸し出し

2012年5月25日

 世界中にいる『ブックバード日本版』の翻訳スタッフが協力して、日本の子どもを元気にしたい!と制作したこちらのパネルは、世界26言語+日本語で「ともだちになろうよ!」と言っています。「2012年子どもの本の日フェスティバル」や「子どもの城」で展示されました。現在「読むの木講座」会場の高円寺ルカフェで5月16日(水)~27日(日)まで展示中です。

高円寺ルカフェで5月27日まで開催中のパネル展

 カタカナで読みがふってあるので、子どもがおもしろがって、読みます。見ていて本当に楽しいパネルです。せっかくなので、このパネルをワンセットで貸出もいたします。送料別途ですが、地域によって値段が違うのでお問い合わせください。

 また、下の部分に社名を入れて、表題タイトル部分の文章をオリジナルに加工して、販売も可能(ワンゼット・3万~5万円くらい)、ちょっとしたオリジナル展示をイベントで行いたい企業さんや施設にお勧めです。お問い合わせは、03-5485-1118までお願いします。
  もっと気軽にというみなさんには、ここからダウンロードできるので、A4でプリントアウトして、壁に貼ってお楽しみくださいね!

たくさんの子どもが、ここで覚えた友達になろうよ!と世界中で声掛けしあったら楽しいですよね! 

*こちらのデータをダウンロードした際は、bookbird@mightybook.net まで掲載場所やイベントなどのお写真や情報を後日で構いませんので、いただければウレシイです!!!また、イラストには著作権がありますので、転載などのご使用は固く禁じます。

PDFのデータはこちら 

poster_00_donyu_1  poster_00_donyu_2  poster_01_India  poster_02_Bengali  poster_03_Indonesia  poster_04_Netherlands  poster_05_Korea  poster_06_Greece  poster_07_Sweden  poster_08_Spain  poster_09_Czech  poster_10_Denmark  poster_11_Germany  poster_12_Turkey  poster_13_Philippine  poster_14_Finland  poster_15_France  poster_16_Israel  poster_17_Vietnam  poster_18_Poland  poster_19_Portugal  poster_20_NewZealand  poster_21_Russian  poster_22_Chinese  poster_23_Italy  poster_24_Thai  poster_25_Arabian  poster_26_English


◆お知らせ◆GWのお休みのお知らせ

2012年4月28日

マイティブックでは2012年4月28日から5月6日まで、GWのお休みをいただいております。この間の、『ブックバード日本版』のお申込みはFAXとインターネットのみで受け付けを行っております。また、商品配送は5月7日以降となります。ご不便おかけいたしますが、よろしく願い申し上げます。


◆報告◆ブックバード日本版百々編集長お疲れさまパーティー開催

2012年4月28日

ブックバードのために集まってくれた皆さんに感謝!そして熱意を前進力に!

百々編集長は『ブックバード日本版』の誇りです!

大原新編集長は、翻訳者としてこれまでも支えてくれました。

『ブックバード日本版』創刊から編集長としてその基礎を築いていただいた百々佑利子編集長がNo8をもって編集長を交代されました。No9からの次期編集長は、これまでブックバードの翻訳サポートを務めていただいていた大原慈省(おおはらしげみ)さんに交代となります。その発表と百々編集長への感謝の気持ちを込めた「百々佑利子編集長2年間お疲れ様&ブックバード日本版2周年記念パーティー」を2012年4月25日に開催しました。

会場には、インタビューにご登場いただいた、博雅堂出版代表 西村和子さま、絵本作家 村上康成さま 他素敵なゲスト&スタッフ20名にご来場いただき、百々編集長を囲んで『ブックバード日本版』だけでなく、これからの児童書のあり方などについて語り合いました。

今、世界は電子書籍などパソコンの中に存在する文字情報がとても重要視される時代になりましたが、子どもの本はそのパソコンの箱の中のブラックボックスに投げ込むことが、よい結果になるのか、まだ誰にもわかりません。しかし、このパーティーにご参加いただいた皆様は、それぞれが子どもの本について真剣に考える方ばかりで、ブックバードはそれに答えなけばならないことを強く感じました。この日の夜が、これからの子どもたちの未来に少しでも影響を及ぼすような、そんなネットワークつくりにもつながればと思っております。皆様、本当にありがとう!!!

 


◆報告◆こどもの城行ってきました!

2012年3月31日

 

こどもの城です。こいのぼりと岡本タローオブジェが目印です。

入館して2階の右上。下からもすぐ見えます。

原画の先のコーナー、一番奥に展示されています。

3月24日から4月5日まで開催されている、こどもの城の春休み企画「ニッサンゆかいな絵本と童話展ーなみなみあふれるうれしいきもち」の会場2階のアトリウム・ギャラリーに展示されている、「世界の言葉で言ってみよう『ともだちになろうよ』」&『ブックバード日本版』表紙展に行ってきました。一般公開日に訪れると、親子で文字を興味深そうに眺める姿や、おかあさんたちがおしゃべりの間に無料配布の『ブックバード日本版』を手にするところも・・・。こうやって、一般の方にグローバルな言葉の世界があることを知っていただければと思います。

「ともだちになろうよ」は「こどもの城」の担当者と一緒に企画したもので、多言語に割り付けられたカタカナの読み仮名は、保育の現場を知っている皆さんのアイデアでした。何人もの子どもや大人が、見たこともない文字を面白そうに読んでいました。本当に、いつかこの子どもたちが世界に羽ばたき、「ともだちになろうよ!」と、この場所を思い出してくれればいいですよね。

イラストレーターのほんまえりさんの明るくドリーミイなイラストも評判です。

●開館日や営業時間の詳細はこちらの子どもの城のホームページをご覧ください。http://www.kodomono-shiro.jp/index.shtml

<ご案内> 日本中で「ともだちになろよ!」と子どもたちが、いろんな言葉で言い合う姿が見られるように、A4やA3でプリントアウトできるPDFのデータ送付(無料)も行っています。カフェや保育園の壁に気軽に貼って楽しめます。お気軽にお問合せください。bookbird@mightybook.net

 

 

 


◆お知らせ◆読売新聞に紹介されました。

2012年3月27日

『ブックバード日本版』創刊2周年と最新号が2012年3月17日読売新聞の夕刊(一部18日朝刊)内の「こども新聞:ライブラリー」で紹介されました。

読売新聞のインターネットサイトでも読めますので、ぜひご覧ください。

http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20120319-OYT8T00276.htm

2012年3月17日発行の読売新聞です


◆ご案内◆書店のみなさまへ

2012年3月26日

『ブックバード日本版』のショーン・タン特集号に、書店様からはたくさんのお問い合わせをいただきまして、誠にありがとうございます。『ブックバード日本版』は、トーハンや日版の取次を通しておりませんが、直接取引であれば書店さまに納品をしております。詳細等は、マイティブック宛てご連絡いただければと存じます。

また、現在メールによるお問い合わせが増えておりますが、シャンクメール等にまぎれる可能性が高いため、件名に「ブックバード日本版の件」と入れていただければ、返信が早くできるかと存じます。お手数おかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。販売に関するメールは> bookbird@mightybook.net