Bookbird日本版のスタッフブログです。

‘テロ事件’ タグのついている投稿

◆お楽しみ◆ 松井のブログから

2011年8月18日 木曜日

まついきみこのブログ「365歩のマーチ」に、ノルウエ―のテロ事件についての記事をUP、転載いたしました。

 

549)ノルウエイのテロ容疑者の「日本が理想国家」?!

 

ノルウェーで7月に起きた連続テロ事件が1カ月近く経ち、少しずつ真相が明らかになってきています。

もう、日本ではあまり話題に上がりませんが、北欧やヨーロッパではこの事件は衝撃的で、さまざまな検証が行われています。

『ブックバード』のヘッド編集部が今フィンランドにあって、情報交換のやりとりの中でもいろいろと聞こえてきます。そして、ブレイビク容疑者ように、ヨーロッパの移民政策や他民族国家の理想に強い悪意を覚える人たちは少なくないということも・・・。

もちろんいろんな意見があって良いと思いますし、それぞれが議論されるべきことだと思います、ただ容疑者が間違っていたのは、それをテロという行為で示したことなんです。

そして、これは別の視点になりますが、、、。
この事件が明らかになる中で、

「日本が多文化主義の否定政策国家として理想!」

とブレイビク容疑者が述べていたこと。
(韓国、台湾、中国も含まれているそうですが・・・)

海外では日本はそういう国に映っているんだと、認識せずにはいられないコメントでした。

そういえば、以前インターンでお世話していたフランス人の女性が言っていました。

「日本人は民族や国の話をするときに、いつも日本人論になってしまいます。それでは話が続きません。」

オーストラリアの知人も似たようなことを言っていた記憶があります。

私としては、日本は多文化&多民族主義の良し悪しはあまり自覚していなくても、

「世界の人たちとは共存しなければ、この地球の上で生きていけない」

ということは分かっている国だと思っています。
ただ、本当にこの自覚ができていなくて、海外へのアピールができていなかったんだなあ、と思ったのでした。
日本がさらなるグローバル化を目指す中、これはとても大事なところかと思います。なぜ、そのようなイメージを、遠く離れた国の若者に持たれてしまったかを、外務省はじめ有識者の方には考えて欲しいと思います。

この北欧の国で起こった事件は、他国の火事のようなニュースのネタで「さて、あの事件から1カ月・・・」で、やり過ごしてはいけないのです。

日本人が震災後に掲げる「人と人が支えあう自立」、その「人」の中に国境はないのですから。

 

●「マイティブックの365歩のマーチ」のその他の記事もどうぞ!こちらをご覧下さい。

http://e055.dgblog.dreamgate.gr.jp