Bookbird日本版のスタッフブログです。

‘ブックバード’ タグのついている投稿

◆ご案内◆国際アンデルセン賞受賞画家ホジェル・メロさんの絵本発売開始

2015年8月29日 土曜日

2014年国際アンデルセン賞の画家賞を上橋菜穂子さんと同時に受賞したブラジルの画家ホジェル・メロさんの絵本の発売を8月31日から開始します。お話は中国の有名作家 曹文献さん、訳は日本の児童文学作家の濱野京子さんです。

<おはなし>一枚の「はね」が、自分は何の羽なのかを知りたいと願いました。こうして「はね」は、自分を探す旅をはじめますが、期待、怒り、悲しみと向き合わなければなりませんでした。絶望の中で「はね」が見たものは、陽だまりに包まれた風景にいる、自分が思い描いていた姿とは違う鳥の姿でした。

 

この絵本は、大人の世界の入口で戸惑い悩んでいる大きな子どもたちへの「心の物語」です。

小さな子どもたちには、悲しみの先の希望を大人の読み聞かせで見つめてもらいたい「心の物語」です。

 

お求めはマイティブックのホームページ http://mightybook.net/hon_form_MB.htm

またはTRC,書店(一部お取扱いできない書店もございます)にお問い合わせください。

ホジェル・メロ展を開催中のちひろ美術館・東京でも販売を行っています。http://www.chihiro.jp/tokyo/

 

 

 

 

 

 

 

 

◆お知らせ◆読売新聞に紹介されました。

2012年3月27日 火曜日

『ブックバード日本版』創刊2周年と最新号が2012年3月17日読売新聞の夕刊(一部18日朝刊)内の「こども新聞:ライブラリー」で紹介されました。

読売新聞のインターネットサイトでも読めますので、ぜひご覧ください。

http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20120319-OYT8T00276.htm

2012年3月17日発行の読売新聞です

◆ご案内◆書店のみなさまへ

2012年3月26日 月曜日

『ブックバード日本版』のショーン・タン特集号に、書店様からはたくさんのお問い合わせをいただきまして、誠にありがとうございます。『ブックバード日本版』は、トーハンや日版の取次を通しておりませんが、直接取引であれば書店さまに納品をしております。詳細等は、マイティブック宛てご連絡いただければと存じます。

また、現在メールによるお問い合わせが増えておりますが、シャンクメール等にまぎれる可能性が高いため、件名に「ブックバード日本版の件」と入れていただければ、返信が早くできるかと存じます。お手数おかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。販売に関するメールは> bookbird@mightybook.net

◆お知らせ◆世界26言語による震災の復興支援企画展を開催

2012年3月21日 水曜日

『ブックバード日本版』の東日本大震災復興支援プロジェクトとして企画した「世界の言葉で言ってみよう!『ともだちになろうよ』展」を3月24日(土)から4月5日(木)まで、「第20回ニッサンゆかいな絵本と童話展」の関連イベントとして、こどもの城(東京都渋谷区神宮前)アトリウム・ギャラリーで開催します。

 この「世界の言葉で言ってみよう!『ともだちになろうよ』展」では、世界の26言語による「ともだちになろうよ」が、子どもたちが読めるようにカタカナのルビを付けて掲示されています。タイ語やアラビア語のように言語によっては、「ともだちのになろうよ」という気軽な言葉が少ない、右から左に読むなど、お国柄もいろいろとあり、子どもだけでなく大人も楽しめる企画です。また、これまで2年間のブックバードの表紙も展示されていますので、「第20回ニッサンゆかいな絵本と童話展」と併せてお楽しみください。

 世界の言葉で言ってみよう!「ともだちになろうよ」展 趣旨(PDF)

●身近なところでも、企画展を開催できます●

世界の言葉で言ってみよう!「ともだちになろうよ」展のポスターを、家庭用プリンターで出力(A3、A4サイズ)できるPDFにまとめています。子どもたちのために施設や学校、イベントなどでディスプレイとして使用を希望される方には、データをメールでお送りいたします。(2012年7月末まで)ご希望の場合は、bookbird@mightybook.net まで、使用施設名(またはイベント名)、担当者連絡先、データ送付アドレスを明記してお送りください。件名に「ともだち展データ希望」とご記入ください。

ポスターのサンプル(インド)

ポスターのサンプル(バングラデシュ)

イラストの著作権は、イラストレーターのほんまりえさんに帰属しています。イラスト単体でのご使用はご相談ください。

◆ご報告◆2012年子どもの本まつり終了しました。

2012年3月19日 月曜日

3月17日、18日の2日間で『ブックバード日本版』2周年イベントが行われた「2012子どもの本まつり」が終了しました。

17日(土)にJAXA小口美津夫氏をお招きして開催した、「JAXAから子どもたちへのミッション『発想力』を身に付けろ!」は、86名の来場で会場は子どもたちの元気な声でいっぱいでした。「宇宙まで100キロ」という、意外に近い距離に子どもも宇宙や科学を身近に感じていたようです。実験が面白くてたまらない、子どもたちにせがまれ時間をオーバーしても質問が止まらないワークショップでした。終了後も写真の撮影会やサイン会など、大人気の小口さんでした。

また、ブックバードの翻訳に協力していただいている世界各国の翻訳者さんの協力で開催した日本の子どもを元気にするプロジェクト、「世界の言葉で言ってみよう!『ともだちになろうよ』」のパネル展示と『ブックバード日本版』表紙展も好評でした。こちらは、24日から子どもの城でも展示されます。

ご来場いただいた皆様ありがとうございます。

世界の言葉で言ってみよう「ともだちになろうよ」で展示された25言語

 

 

 

 

 

 

 

イラストレーターのほんまりえさんの素敵な世界の子ども

会場で展示されたブックバードの表紙2年分

 

 

3月17日の読売新聞に紹介されました。

 

 

 

 

 

 

 

会場でも展示した、宇宙の本から離れない子どもも多かったです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JAXA小口さんメダルとおとうさん、どっちがかっこいい?

 

 

手作りの装置で真空についての実験

 

雨の中訪れてくれたみなさん。子どもたちは前の絨毯に押し寄せていました。

 

イベントが終わったら子どもたちのサインラッシュ!

 

 

 

 

 

 

 

宇宙飛行士になりたーいボーイズ!

 

 

 

 

 

JAXAで仕事をしたい!子どもの記念の1枚