Bookbird日本版のスタッフブログです。

‘メロ’ タグのついている投稿

◆ご案内◆国際アンデルセン賞画家賞ホジェル・メロさん来日!

2014年5月3日 土曜日

2014年国際アンデルセン賞画家賞を受賞したブラジル人イラストレーターのホジェル・メロさんが来日、2014年5月3日から5日に開催される「上野の森親子フェスタ」会場で、5日(月)15:00から会場内イベントテント内でご自身の作品の読み聞かせやワークショップを予定しています。

ブラジルの陽気なイラストで大人気の国際的なイラストレーター ホジェル・メロさんと楽しむ子どもの日は、きっと親子のよい思い出になるはず。ぜひ、ゴールデンウィークは上野にお出かけください

http://megabrasil.jp/20140330_7019/(ホジェルさんの情報はこちらに詳しく掲載されています)

http://www.jpic.or.jp/event/ueno/(2014年「上野の森親子フェスタ」の詳細はこちらにあります)

 

 

◆お知らせ◆2014年国際アンデルセン賞画家賞ホジェル・メロさんか?ロジャー・メロさんか?

2014年4月1日 火曜日

2014年国際アンデルセン賞画家賞を受賞したロジャー・メロさん。お名前がホジェル・メロさんと表記される日本での発表記事を多く見かけるようになりました。

『ブックバード日本版』では、これまでロジャー・メロさんと表記していたので、アレ?別人と思われる方もいらっしゃると思います。

(『ブックバード日本版』にも問い合わせが入りました!)

この「ロジャー」は「Roger」で、ブラジルで主に話されているポルトガル語の発音では「ホジェル」なのです。

ロジャー・メロさんはブラジルからのノミネートですから、ブラジルの言葉でちゃんと発音しましょうと敬意を払って表記されているのです。

『ブックバード日本版』は敬意を払わないの??と言われそうですが、実は、この外国の皆さんの名前の呼び名は、同じ表記でも使う言語によって呼び方が違い、特に活躍の場を世界に広げている方を「これです!」と言い切るのはとても難しいのです。

『ブックバード日本版』では、日本でまだあまり知られていない外国人の方のお名前は、通常ご本人と確認できる呼び方で表記していました。ロジャーさんの場合、海外でのお仕事も多く「ロジャー」とご本人も言われており、関係者もそう呼ぶことが、これまで多かったのです。

今回の受賞で、ロジャー・メロさんは国際的なだけでなく、ブラジルの代表として歴史に名前が残ります。ですから、本来の発音に忠実なホジェル・メロさんという呼び方にしたほうがよい、ということになるかもしれません。

それは、JBBY(日本国際児童図書評議会)が、これから9月にメキシコで行われる授賞式にかけて決定すると思います。決まった際には、またこの掲示版でご連絡いたします。

こういう、嬉しい訂正は大歓迎です。『ブックバード日本版』は休刊ではありますが、皆様のご意見をお待ちしています。