Bookbird日本版のスタッフブログです。

‘子ども’ タグのついている投稿

◆ご案内◆IBBYオナーリストの児童文学作家 濱野京子さん&まはら三桃さんとの雑談会

2015年5月21日 木曜日
2014年国際アンデルセン賞画家賞を受賞したブラジルの画家ホジェル・メロさんがイラストを手掛けた絵本『はね』をマイティブックから2015年7月に発行します。
それに先駆け、国際アンデルセン賞でつながった児童文学作家との雑談とともに、『はね』のお披露目のイベントを行いますのでぜひご参加ください。
<2015年度 マイティブック 読むの木講座>

2014年メキシコIBBY世界大会でつながった
まはら三桃VSまついきみこ&濱野京子さん
「子どもの本」にこだわる話

2014年9月メキシコで開催されたIBBY(国際児童図書評議会)の世界大会。そこで「まはら三桃」と「まついきみこ」が37年ぶりの再会をしました。実は、これが奇跡の出会いと知らず、出発前に日本で両者に「いってらっしゃい~!」と言ってくれたのが「濱野京子」さんでした。「子どもの本」で、こんなドラマチックな出会いがあったことも、きっと理由があるのではないか?そんな気がして、帰国後3人は出会いの糸を手繰り寄せながら、上橋菜穂子さんが国際アンデルセン賞作家賞を受賞したメキシコのIBBYの世界大会の様子や、私たちにとっての「子どもの本」など、不思議なご縁でつながった話を多くの皆さんとできればと思いました。子どもの本で、また新たな奇跡が起こるかもしれないカジュアルな座談会。ぜひ、お気軽にご参加ください。
日時:2015年6月2日(火)18:30~20:30
場所:花みち図書館 東京都文京区白山1-14-2
(都営三田線 白山駅 A1出口から徒歩6分)http://ehon.bunkyo-ku.org/

参加費:無料 (先着20名まで)
申込み:Facebookのマイティブックイベントページ
https://www.facebook.com/events/821528814597036/
から参加のエントリーをお願いいたします。
お問い合わせ:Facebookのマイティブックページの
https://www.facebook.com/285200374826538
メッセージからご質問をお送りください。
主催:株式会社マイティブック www.mightybook.net

【当日のお楽しみ企画】
濱野京子さんの訳 ホジェル・メロさんイラストの 絵本『はね』7月発売予定!
2014年国際アンデルセン賞画家賞受賞のホジェル・メロさんと中国のオナーリスト曹文軒さんの素敵な絵本の邦訳版発売に先駆け、この会場で内容のご紹介をいたします。この本が、マイティブックで発売することになった、結構笑える経緯などここでしか話せない内容が盛りだくさんです。

【ゲスト・プロフィール】

まはら三桃(MAHARA MITO)
児童文学作家。福岡県北九州市生まれ。2005年「オールドモーブな夜だから」で講談社児童文学新人賞佳作。翌年『カラフルな闇』と改題しデビュー。工業高校の女生徒が「高校生ものづくりコンテスト」に臨む『鉄のしぶきがはねる』で2011年度坪田譲治文学賞、2014年IBBYオナーリストに選出。また『おとうさんの手』が2011年読書感想画中央コンクルール課題図書に選定された。『伝説のエンドーくん』(小学館/2014年)は、まついきみこもいた中学校の遠藤先生の名前をタイトルにいただいたとのこと。

濱野 京子(HAMANO KYOKO)
児童文学作家。熊本県に生まれ、東京で育つ。2006年『天下無敵のお嬢さま!(1)けやき御殿のメリーさん』でデビュー。2009年『フュージョン』が2010年IBBYオナーリストに選出。2009年度『トーキョー・クロスロード』で坪田譲治文学賞受賞。2015年6月に、2014年国際アンデルセン賞画家賞を受賞したブラジルの画家ホジェル・メロさんがイラストを手掛けた、中国の作家曹文軒さんの絵本『はね』(2015年7月発売予定/マイティブック)の初邦訳を手掛けている。
【ホスト・マイティブック代表】
まつい きみこ(MATSUI KIMIKO)
子どもの本のジャーナリスト、絵本の出版社マイティブック代表。新潟県に生まれ、北九州市で育つ。中学2年から高校卒業までシンガポールで育つが、西南学院大学の帰国子女1号として帰国する。卒業後、東京の出版社に勤務したが、「子どもの本が世界を変える」と野望を抱き、早期定年退社制度を利用し2004年に起業。IBBYの機関誌「ブックバード日本版」(現在休刊中)や絵本の発行を行っている。IBBYの世界大会には、2008年デンマーク大会から4回連続参加。1年ちょっと在籍していた北九州の中学校で、まはら三桃と出会い交流。
【メキシコでの奇跡の出会いあらすじ】
2014年9月10日から13日まで、第34回国際児童図書評議会(IBBY)世界大会がメキシコで開催され、2014年IBBYオナーリストに日本から選ばれた児童文学作家の「まはら三桃」が、表彰式に参加しました。
絵本の出版社マイティブックの代表でIBBY機関誌『ブックバード』の日本語版を発行していた「まついきみこ」も、同じ大会に参加していました。
「濱野京子」さんは、2010年のIBBYオナーリストに選ばれ2010年IBBYスペイン大会に参加、そしては坪田譲治文学賞を2009年に受賞、そして同賞を2011年に受賞した「まはら三桃」と深い交流がありました。
実は、「まついきみこ」は、2014年国際アンデルセン賞画家賞を受賞したホジェル・メロ氏が中国の作家曹文軒氏と作った絵本『はね』の日本語版出版の準備を進めており、その翻訳を「濱野京子」さんに依頼していました。「濱野京子」さんは「まはら三桃」と「まついきみこ」それぞれに「現地でよろしく」と声掛けをしてくれました。もちろんこの時、二人の関係を知る由もありません。本人たちも、メキシコで上橋菜穂子さんの国際アンデルセン賞作家賞の受賞をお祝いした夕食会で会話をするまで、37年前の中学校で一緒に遊んでいた同級生だったことに全然気が付かなかったのですから!

◆報告◆こどもの城行ってきました!

2012年3月31日 土曜日

 

こどもの城です。こいのぼりと岡本タローオブジェが目印です。

入館して2階の右上。下からもすぐ見えます。

原画の先のコーナー、一番奥に展示されています。

3月24日から4月5日まで開催されている、こどもの城の春休み企画「ニッサンゆかいな絵本と童話展ーなみなみあふれるうれしいきもち」の会場2階のアトリウム・ギャラリーに展示されている、「世界の言葉で言ってみよう『ともだちになろうよ』」&『ブックバード日本版』表紙展に行ってきました。一般公開日に訪れると、親子で文字を興味深そうに眺める姿や、おかあさんたちがおしゃべりの間に無料配布の『ブックバード日本版』を手にするところも・・・。こうやって、一般の方にグローバルな言葉の世界があることを知っていただければと思います。

「ともだちになろうよ」は「こどもの城」の担当者と一緒に企画したもので、多言語に割り付けられたカタカナの読み仮名は、保育の現場を知っている皆さんのアイデアでした。何人もの子どもや大人が、見たこともない文字を面白そうに読んでいました。本当に、いつかこの子どもたちが世界に羽ばたき、「ともだちになろうよ!」と、この場所を思い出してくれればいいですよね。

イラストレーターのほんまえりさんの明るくドリーミイなイラストも評判です。

●開館日や営業時間の詳細はこちらの子どもの城のホームページをご覧ください。http://www.kodomono-shiro.jp/index.shtml

<ご案内> 日本中で「ともだちになろよ!」と子どもたちが、いろんな言葉で言い合う姿が見られるように、A4やA3でプリントアウトできるPDFのデータ送付(無料)も行っています。カフェや保育園の壁に気軽に貼って楽しめます。お気軽にお問合せください。bookbird@mightybook.net

 

 

 

◆お知らせ◆読売新聞に紹介されました。

2012年3月27日 火曜日

『ブックバード日本版』創刊2周年と最新号が2012年3月17日読売新聞の夕刊(一部18日朝刊)内の「こども新聞:ライブラリー」で紹介されました。

読売新聞のインターネットサイトでも読めますので、ぜひご覧ください。

http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20120319-OYT8T00276.htm

2012年3月17日発行の読売新聞です

◆ご報告◆2012年子どもの本まつり終了しました。

2012年3月19日 月曜日

3月17日、18日の2日間で『ブックバード日本版』2周年イベントが行われた「2012子どもの本まつり」が終了しました。

17日(土)にJAXA小口美津夫氏をお招きして開催した、「JAXAから子どもたちへのミッション『発想力』を身に付けろ!」は、86名の来場で会場は子どもたちの元気な声でいっぱいでした。「宇宙まで100キロ」という、意外に近い距離に子どもも宇宙や科学を身近に感じていたようです。実験が面白くてたまらない、子どもたちにせがまれ時間をオーバーしても質問が止まらないワークショップでした。終了後も写真の撮影会やサイン会など、大人気の小口さんでした。

また、ブックバードの翻訳に協力していただいている世界各国の翻訳者さんの協力で開催した日本の子どもを元気にするプロジェクト、「世界の言葉で言ってみよう!『ともだちになろうよ』」のパネル展示と『ブックバード日本版』表紙展も好評でした。こちらは、24日から子どもの城でも展示されます。

ご来場いただいた皆様ありがとうございます。

世界の言葉で言ってみよう「ともだちになろうよ」で展示された25言語

 

 

 

 

 

 

 

イラストレーターのほんまりえさんの素敵な世界の子ども

会場で展示されたブックバードの表紙2年分

 

 

3月17日の読売新聞に紹介されました。

 

 

 

 

 

 

 

会場でも展示した、宇宙の本から離れない子どもも多かったです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JAXA小口さんメダルとおとうさん、どっちがかっこいい?

 

 

手作りの装置で真空についての実験

 

雨の中訪れてくれたみなさん。子どもたちは前の絨毯に押し寄せていました。

 

イベントが終わったら子どもたちのサインラッシュ!

 

 

 

 

 

 

 

宇宙飛行士になりたーいボーイズ!

 

 

 

 

 

JAXAで仕事をしたい!子どもの記念の1枚

◆募集◆被災地の読書活動や本から笑顔をもらった子どもたちの写真

2011年9月27日 火曜日

被災地の子どもと本の写真をお寄せください。

本と触れ合う子どもの笑顔が大人たちの心にどれだけ力を与えたか、

「未来のキオク」として記憶するために。

地震直後から、被災地に向けた支援の一つとして子どもに本を届ける活動や読み聞かせなどの読書活動サポートが行われました。このときの子どもたちの笑顔が、私たち支援する側にも勇気や希望をもらい次の支援への力となりました。このときの様子を、記憶として残したいとGoogleが開始した「未来へのキオク」で募集しています。ぜひ、みなさんのキオク写真がお手元にありましたら、ぜひ投稿してください。

福島県は 
http://photozou.jp/miraikioku/theme/12901

岩手県は
http://photozou.jp/miraikioku/theme/12902

宮城県は
http://photozou.jp/miraikioku/theme/12903

またお寄せいただいた写真は、ブックバードでも紹介していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

◆お楽しみ◆国際アンデルセン賞作家アニー・M・G・シュミット生誕100年に新刊!

2011年7月28日 木曜日

まついきみこのマイティブックの個人ブログに掲載したものです。

ブックバードの読者のみなさんにも読んでいただければと転載しました。感想もお待ちしております。

●アニー・M・G・シュミットさん生誕100年に日本で素敵な本が生まれました!『プルック』大好きです。

このアドレスをクリックしてくださいね。 http://e055.dgblog.dreamgate.gr.jp/e88377.html