Bookbird日本版のスタッフブログです。

‘絵本’ タグのついている投稿

◆ご案内◆国際アンデルセン賞受賞画家ホジェル・メロさんの絵本発売開始

2015年8月29日 土曜日

2014年国際アンデルセン賞の画家賞を上橋菜穂子さんと同時に受賞したブラジルの画家ホジェル・メロさんの絵本の発売を8月31日から開始します。お話は中国の有名作家 曹文献さん、訳は日本の児童文学作家の濱野京子さんです。

<おはなし>一枚の「はね」が、自分は何の羽なのかを知りたいと願いました。こうして「はね」は、自分を探す旅をはじめますが、期待、怒り、悲しみと向き合わなければなりませんでした。絶望の中で「はね」が見たものは、陽だまりに包まれた風景にいる、自分が思い描いていた姿とは違う鳥の姿でした。

 

この絵本は、大人の世界の入口で戸惑い悩んでいる大きな子どもたちへの「心の物語」です。

小さな子どもたちには、悲しみの先の希望を大人の読み聞かせで見つめてもらいたい「心の物語」です。

 

お求めはマイティブックのホームページ http://mightybook.net/hon_form_MB.htm

またはTRC,書店(一部お取扱いできない書店もございます)にお問い合わせください。

ホジェル・メロ展を開催中のちひろ美術館・東京でも販売を行っています。http://www.chihiro.jp/tokyo/

 

 

 

 

 

 

 

 

◆ご案内◆IBBYオナーリストの児童文学作家 濱野京子さん&まはら三桃さんとの雑談会

2015年5月21日 木曜日
2014年国際アンデルセン賞画家賞を受賞したブラジルの画家ホジェル・メロさんがイラストを手掛けた絵本『はね』をマイティブックから2015年7月に発行します。
それに先駆け、国際アンデルセン賞でつながった児童文学作家との雑談とともに、『はね』のお披露目のイベントを行いますのでぜひご参加ください。
<2015年度 マイティブック 読むの木講座>

2014年メキシコIBBY世界大会でつながった
まはら三桃VSまついきみこ&濱野京子さん
「子どもの本」にこだわる話

2014年9月メキシコで開催されたIBBY(国際児童図書評議会)の世界大会。そこで「まはら三桃」と「まついきみこ」が37年ぶりの再会をしました。実は、これが奇跡の出会いと知らず、出発前に日本で両者に「いってらっしゃい~!」と言ってくれたのが「濱野京子」さんでした。「子どもの本」で、こんなドラマチックな出会いがあったことも、きっと理由があるのではないか?そんな気がして、帰国後3人は出会いの糸を手繰り寄せながら、上橋菜穂子さんが国際アンデルセン賞作家賞を受賞したメキシコのIBBYの世界大会の様子や、私たちにとっての「子どもの本」など、不思議なご縁でつながった話を多くの皆さんとできればと思いました。子どもの本で、また新たな奇跡が起こるかもしれないカジュアルな座談会。ぜひ、お気軽にご参加ください。
日時:2015年6月2日(火)18:30~20:30
場所:花みち図書館 東京都文京区白山1-14-2
(都営三田線 白山駅 A1出口から徒歩6分)http://ehon.bunkyo-ku.org/

参加費:無料 (先着20名まで)
申込み:Facebookのマイティブックイベントページ
https://www.facebook.com/events/821528814597036/
から参加のエントリーをお願いいたします。
お問い合わせ:Facebookのマイティブックページの
https://www.facebook.com/285200374826538
メッセージからご質問をお送りください。
主催:株式会社マイティブック www.mightybook.net

【当日のお楽しみ企画】
濱野京子さんの訳 ホジェル・メロさんイラストの 絵本『はね』7月発売予定!
2014年国際アンデルセン賞画家賞受賞のホジェル・メロさんと中国のオナーリスト曹文軒さんの素敵な絵本の邦訳版発売に先駆け、この会場で内容のご紹介をいたします。この本が、マイティブックで発売することになった、結構笑える経緯などここでしか話せない内容が盛りだくさんです。

【ゲスト・プロフィール】

まはら三桃(MAHARA MITO)
児童文学作家。福岡県北九州市生まれ。2005年「オールドモーブな夜だから」で講談社児童文学新人賞佳作。翌年『カラフルな闇』と改題しデビュー。工業高校の女生徒が「高校生ものづくりコンテスト」に臨む『鉄のしぶきがはねる』で2011年度坪田譲治文学賞、2014年IBBYオナーリストに選出。また『おとうさんの手』が2011年読書感想画中央コンクルール課題図書に選定された。『伝説のエンドーくん』(小学館/2014年)は、まついきみこもいた中学校の遠藤先生の名前をタイトルにいただいたとのこと。

濱野 京子(HAMANO KYOKO)
児童文学作家。熊本県に生まれ、東京で育つ。2006年『天下無敵のお嬢さま!(1)けやき御殿のメリーさん』でデビュー。2009年『フュージョン』が2010年IBBYオナーリストに選出。2009年度『トーキョー・クロスロード』で坪田譲治文学賞受賞。2015年6月に、2014年国際アンデルセン賞画家賞を受賞したブラジルの画家ホジェル・メロさんがイラストを手掛けた、中国の作家曹文軒さんの絵本『はね』(2015年7月発売予定/マイティブック)の初邦訳を手掛けている。
【ホスト・マイティブック代表】
まつい きみこ(MATSUI KIMIKO)
子どもの本のジャーナリスト、絵本の出版社マイティブック代表。新潟県に生まれ、北九州市で育つ。中学2年から高校卒業までシンガポールで育つが、西南学院大学の帰国子女1号として帰国する。卒業後、東京の出版社に勤務したが、「子どもの本が世界を変える」と野望を抱き、早期定年退社制度を利用し2004年に起業。IBBYの機関誌「ブックバード日本版」(現在休刊中)や絵本の発行を行っている。IBBYの世界大会には、2008年デンマーク大会から4回連続参加。1年ちょっと在籍していた北九州の中学校で、まはら三桃と出会い交流。
【メキシコでの奇跡の出会いあらすじ】
2014年9月10日から13日まで、第34回国際児童図書評議会(IBBY)世界大会がメキシコで開催され、2014年IBBYオナーリストに日本から選ばれた児童文学作家の「まはら三桃」が、表彰式に参加しました。
絵本の出版社マイティブックの代表でIBBY機関誌『ブックバード』の日本語版を発行していた「まついきみこ」も、同じ大会に参加していました。
「濱野京子」さんは、2010年のIBBYオナーリストに選ばれ2010年IBBYスペイン大会に参加、そしては坪田譲治文学賞を2009年に受賞、そして同賞を2011年に受賞した「まはら三桃」と深い交流がありました。
実は、「まついきみこ」は、2014年国際アンデルセン賞画家賞を受賞したホジェル・メロ氏が中国の作家曹文軒氏と作った絵本『はね』の日本語版出版の準備を進めており、その翻訳を「濱野京子」さんに依頼していました。「濱野京子」さんは「まはら三桃」と「まついきみこ」それぞれに「現地でよろしく」と声掛けをしてくれました。もちろんこの時、二人の関係を知る由もありません。本人たちも、メキシコで上橋菜穂子さんの国際アンデルセン賞作家賞の受賞をお祝いした夕食会で会話をするまで、37年前の中学校で一緒に遊んでいた同級生だったことに全然気が付かなかったのですから!

◆報告◆こどもの城行ってきました!

2012年3月31日 土曜日

 

こどもの城です。こいのぼりと岡本タローオブジェが目印です。

入館して2階の右上。下からもすぐ見えます。

原画の先のコーナー、一番奥に展示されています。

3月24日から4月5日まで開催されている、こどもの城の春休み企画「ニッサンゆかいな絵本と童話展ーなみなみあふれるうれしいきもち」の会場2階のアトリウム・ギャラリーに展示されている、「世界の言葉で言ってみよう『ともだちになろうよ』」&『ブックバード日本版』表紙展に行ってきました。一般公開日に訪れると、親子で文字を興味深そうに眺める姿や、おかあさんたちがおしゃべりの間に無料配布の『ブックバード日本版』を手にするところも・・・。こうやって、一般の方にグローバルな言葉の世界があることを知っていただければと思います。

「ともだちになろうよ」は「こどもの城」の担当者と一緒に企画したもので、多言語に割り付けられたカタカナの読み仮名は、保育の現場を知っている皆さんのアイデアでした。何人もの子どもや大人が、見たこともない文字を面白そうに読んでいました。本当に、いつかこの子どもたちが世界に羽ばたき、「ともだちになろうよ!」と、この場所を思い出してくれればいいですよね。

イラストレーターのほんまえりさんの明るくドリーミイなイラストも評判です。

●開館日や営業時間の詳細はこちらの子どもの城のホームページをご覧ください。http://www.kodomono-shiro.jp/index.shtml

<ご案内> 日本中で「ともだちになろよ!」と子どもたちが、いろんな言葉で言い合う姿が見られるように、A4やA3でプリントアウトできるPDFのデータ送付(無料)も行っています。カフェや保育園の壁に気軽に貼って楽しめます。お気軽にお問合せください。bookbird@mightybook.net

 

 

 

◆お知らせ◆読売新聞に紹介されました。

2012年3月27日 火曜日

『ブックバード日本版』創刊2周年と最新号が2012年3月17日読売新聞の夕刊(一部18日朝刊)内の「こども新聞:ライブラリー」で紹介されました。

読売新聞のインターネットサイトでも読めますので、ぜひご覧ください。

http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20120319-OYT8T00276.htm

2012年3月17日発行の読売新聞です

◆お知らせ◆世界26言語による震災の復興支援企画展を開催

2012年3月21日 水曜日

『ブックバード日本版』の東日本大震災復興支援プロジェクトとして企画した「世界の言葉で言ってみよう!『ともだちになろうよ』展」を3月24日(土)から4月5日(木)まで、「第20回ニッサンゆかいな絵本と童話展」の関連イベントとして、こどもの城(東京都渋谷区神宮前)アトリウム・ギャラリーで開催します。

 この「世界の言葉で言ってみよう!『ともだちになろうよ』展」では、世界の26言語による「ともだちになろうよ」が、子どもたちが読めるようにカタカナのルビを付けて掲示されています。タイ語やアラビア語のように言語によっては、「ともだちのになろうよ」という気軽な言葉が少ない、右から左に読むなど、お国柄もいろいろとあり、子どもだけでなく大人も楽しめる企画です。また、これまで2年間のブックバードの表紙も展示されていますので、「第20回ニッサンゆかいな絵本と童話展」と併せてお楽しみください。

 世界の言葉で言ってみよう!「ともだちになろうよ」展 趣旨(PDF)

●身近なところでも、企画展を開催できます●

世界の言葉で言ってみよう!「ともだちになろうよ」展のポスターを、家庭用プリンターで出力(A3、A4サイズ)できるPDFにまとめています。子どもたちのために施設や学校、イベントなどでディスプレイとして使用を希望される方には、データをメールでお送りいたします。(2012年7月末まで)ご希望の場合は、bookbird@mightybook.net まで、使用施設名(またはイベント名)、担当者連絡先、データ送付アドレスを明記してお送りください。件名に「ともだち展データ希望」とご記入ください。

ポスターのサンプル(インド)

ポスターのサンプル(バングラデシュ)

イラストの著作権は、イラストレーターのほんまりえさんに帰属しています。イラスト単体でのご使用はご相談ください。

◆おしらせ◆『ブックバード日本版』が北海道に!「2010年国際アンデルセン賞」と「IBBYオナーリスト」展

2011年9月21日 水曜日

「2010年国際アンデルセン賞」と「IBBYオナーリスト」の本221冊を展示する展覧会が2011年8月6日~9月11日まで、国立国会図書館国際子ども図書館で開催されました。

http://www.kodomo.go.jp/event/exhibition/tenji2011-02.html

その後は下のスケジュールで地方を巡回します。世界中から届いた素敵な本に出会えますので、たくさんの方に来場していただければと思います。

そして、10月8日~18日の北海会場「ちいさなえほんやひだまり」で、店長の青田正徳さんのご厚意で『ブックバード日本版』をバックナンバーを含め、会期中に販売させていただくことになりました。アンデルセン賞を深く知りたい方は、ぜひ会場でお求めください。また、松井紀美子の2010年IBBYスペイン大会参加報告もオマケで置かせていただいています。こちらは、楽しくアンデルセン賞を知りたい方にぜひどうそ!

2011/9/17~30  岡田童話館(熊本県)
2011/10/8~18  ちいさなえほんやひだまり(北海道札幌市)
2011/10/25~11/6  赤穂市立図書館(兵庫県)
2011/11/11~24  日立市立多賀図書館(茨城県)
2011/11/29~12/10  新上五島町立中央図書館(長崎県)
2011/12/14~22  松商学園高等学校図書館(長野県)
2011/12/25~2012/1/7  升水記念市民図書館(神奈川県)
2012/1/13~27  愛知県図書館
2012/2/3~12  広島市こども図書館(広島県)

 IBBYスペイン会場で前会長パトリシア・アルダナさんから賞を手渡される、デイヴィッド・アーモンドさんとユッタ・バウアーさん

◆お知らせ◆おはなし名画を被災地に

2011年9月16日 金曜日

 『ブックバード日本版』からのお知らせ 

被災地へ<おはなし名画シリーズ>のプレゼント 

2010年9月に発行した『ブックバード日本版No.3』 のインタビューページに登場していただいた博雅堂出版の代表 西村和子さんから「おはなし名画シリーズ」の商品サンプルとして使用した本を、被災地の図書館や施設などにプレゼントできないか、というご相談をいただきました。

 この「おはなし名画シリーズ」は、「本物の美術というのは、こんなにすごくて、素晴らしいものだよ」と子どもに伝えるため、絵画の印刷や誰が読んでも分かる文章にこだわって編集された名作です。(このシリーズの誕生秘話は、ブックバードのインタビューページに詳しく書いていますので、ぜひ読んでくださいね!)

 商品サンプルといっても、見本で少し見せるために使用したもので、カバーがないのと表紙等にスレがある程度です。中面や見た目にダメージはありません。もし被災地でこの本に触れてみたいという公共施設などがありましたら、博雅堂出版までお問い合わせをお願いします。お届けは写真のように5冊を1セット(組み合わせはお任せ)とのことです。送料は、まとめて1か所に数セットをお送りするような、団体や機関の場合は無料ですが、個別送付の場合は応相談です。また、基本的には公共の施設を対象としています。

 この素晴らしい名画絵本が、被災地のみなさんの心の安らぎに少しでも役立てばという博雅堂出版の西村和子さんの気持ちが多くの施設の皆さんに届くように、ブックバードからもお知らせとして、ご案内申し上げました。またプレゼント用の本の冊数には限りがございますので、品切れの場合はご了承ください。 よろしくお願い申し上げます。

<お問い合わせ先>

 株式会社博雅堂出版

  東京都新宿区下落合2-22-4

 TEL 03-3950-8699/FAX 03-3950-2461

 メール:meiga@hakugado.co.jp

博雅堂出版のホームページ:http://www.hakugado.co.jp/meiga.htm

資料のPDFはこちらをどうそ>>おはなし名画シリーズプレゼント

中はこんな感じ。文字が大きいので年配者に嬉しい 

 

5冊を1セットで、どれが届くかはお楽しみ

 

 

◆お知らせ◆IBBY Appeal for Japan 絵本プロジェクトいわて

2011年8月15日 月曜日

「IBBY Children in Crisis Fund」で呼びかけている、IBBY元国際理事の末盛千枝子さんが代表する「3・11絵本プロジェクトいわて」のお知らせです。

現在IBBYでは、全国から集まった絵本を乗せた小型移動図書館を被災した自治体に贈る「えほんカ―」の活動支援のための寄付を受け付けています。

クレジットカードからの寄付ができますので、こちらのIBBYのホームページからご支援をお願いいたします。http://www.ibby.org/index.php?id=487

この「えほんカ―」ですが、8月10日に岩手県の大槌町教育委員会へ第一号が届けられました。

「IBBY Children in Crisis Fund」での「3・11絵本プロジェクトいわて」はこちらのホームページをご覧ください。『ブックバード日本版』でも「3・11絵本プロジェクトいわて」を応援しています!

http://www.ibby.org/index.php?id=811

http://www.ibby.org/index.php?id=1193

http://www.ibby.org/index.php?id=487 (寄付のページ。クレジットカードでIBBYに寄付ができます)

 

<IBBYホームページ翻訳> IBBY日本アピール

2011年3月11日、マグニチュード8.9の地震が、東日本海底を襲いました。 それが30フィートの津波を生み、東海岸に住む何千という人の命、船、車、学校そして家を一掃したのです。さらに、原子力発電所の事故が広範囲にわたる住民の避難を引き起こす損害を与えています。IBBYは、この岩手県で展開する絵本プロジェクトをJBBYと支援します。

「3.11絵本プロジェクトいわて」が開始し約100,000冊の本が盛岡市市民センターに到着しました。寄贈された本の大半はボランティアによって、箱を開けた後、分類され災害に襲われた地域の子供たちに届けました。現地のボランティアによって、読み聞かせのための本としても使いました。本とボランティアの活動は、より小さな避難所と仮設住宅でも行いなました。  多くの図書館、保育所と子どもたちのための設備は破壊され、公共施設で本を提供揃することが難しくなりました。遠い地域にいる子どもたちに本と読書の機会を与えるために「えほんカ―」プロジェクトが始められました。

本を届ける配布というのはこのプロジェクトのボランティアと関係者にとって最も大きな問題です。

「えほんカ―」は通常の移動図書館カ―より小さいものです。しかし、大きな移動図書館カ―は、現在の被災地域の状態では実用的ではありません。 「えほんカ―」は、ボランティアやスタッフでも運転することができるミニ移動図書館で、比較的維持していくのにも安価です。 さらにそれは、大きな移動図書館では行くことができない場所に行くことができます。

プロジェクトの活動と進展についての詳細はwww.ehonproject.org/iwateをご覧ください。

IBBYは、これらの運営を続けるための援助として資金を求めます。「えほん本カ―」の走行にはUSD 30,000がかかります。寄付はIBBYの安全なサイトを利用し、IBBY Appeal for JapanRと記して送ってください。

日本の子どもたちを助けるために協力してください。

IBBY Appeal for Japan

On 11 March 2011 a quake of 8.9 magnitude struck the seabed east of Japan. This caused a huge 30-foot Tsunami to crash into the eastern coast killing thousands of people as it swept away boats, cars, schools, and homes. Yet to come was the damage caused to the nuclear power stations causing widespread evacuations.IBBY will work with JBBY to support the EHON project in the Iwate Province.

Since the “3.11 Ehon project Iwate” began, nearly 100,000 books have arrived at the Morioka City Central Civic Centre. Most of these donations have now been unpacked and sorted and volunteers have been delivering books to the children of the disaster-stricken areas. Local volunteers have been using the books to read to the children. Books and volunteers have also been going to the smaller evacuation centres and temporary housing sites.

Many libraries, day-care centres, and other facilities for children were destroyed, making it difficult for the local public services to house books. In order to deliver books and reading services to children in more remote areas, the “Ehon Car” project was initiated

.Distribution is the biggest problem for the volunteers working with this project.

The Ehon cars are smaller than the regular-sized bookmobiles, which are very expensive to maintain. These large bookmobiles are not suited to the needs and conditions now found in the disaster area. The Ehon cars are mini bookmobiles that can be driven by volunteer staff and are relatively inexpensive to maintain and fuel. Furthermore, they can reach places that the larger bookmobiles cannot reach.

Visit  www.ehonproject.org/iwate to read more about the activities and progress of the project.

 

◆お願い◆広告やイベント協賛のスポンサーを募集中

2011年8月11日 木曜日

『ブックバード日本版』へ広告を出しませんか?また、多言語の電子書籍開発、子どもの本や絵本に関する様々なイベントにご協力いただけるスポンサーも募集しています。お問い合わせは03-5485-1118まで!

◆お楽しみ◆国際アンデルセン賞作家アニー・M・G・シュミット生誕100年に新刊!

2011年7月28日 木曜日

まついきみこのマイティブックの個人ブログに掲載したものです。

ブックバードの読者のみなさんにも読んでいただければと転載しました。感想もお待ちしております。

●アニー・M・G・シュミットさん生誕100年に日本で素敵な本が生まれました!『プルック』大好きです。

このアドレスをクリックしてくださいね。 http://e055.dgblog.dreamgate.gr.jp/e88377.html